リサイクルトナーの特徴

リサイクルトナーを使用するメリットですが、純正トナーと比較して割安で販売されている点をあげることができます。通販業者や型番にもよりますが、純正トナーの半額以下で販売されていることも珍しくありません。ほかには、メーカーによる生産が終わってしまった型番でも、リサイクルトナーであれば探してみるとまだまだ手に入ることもあります。また、リサイクルトナーというと純正トナーに比べて品質面で劣るというのが当たり前のようにいわれていますが、純正トナーと大差のない品質の製品もあり、不具合率が低く、純正トナーより大容量のトナーを充填している製品を販売している通販業者もあります。そのほか、再生品ということで環境にやさしい点も、リサイクルトナーのメリットのひとつです。リサイクルトナーの選び方について情報掲載しているサイトもありますので参考にしてみてください。

一方、リサイクルトナーのデメリットとしては、業者によって品質にバラつきがあること、純正トナーと比較して不具合が発生しやすいことをあげることができます。ほかには、プリンタ本体で推奨している純正トナー以外のトナーを使用していて故障などのトラブルが発生した場合、プリンタメーカーによる保証の対象外になり、有償での修理になってしまうことが多いです。リサイクルトナーの業者にも保証がなければ、自己負担で問題を解決しなければいけません。

純正トナーの特徴

純正トナーを使用するメリットは複数あります。まず、プリンタ本体を取り扱っているメーカーが出している製品であるため、リサイクルトナーと比較すると品質が安定しています。純正トナーを使用していて故障が起こってしまった場合には、メーカーによる保証を受けることが可能です。保証の対象であれば、無償で修理が行なわれることになります。なお、不具合自体が純正トナーの場合は起こりにくいというのも、メリットのひとつといえるでしょう。

高品質で保証もあるということで安心感がある点が、メーカー純正のトナーの魅力ですが、デメリットといえるようなことがないわけではありません。まず、リサイクルトナーと比べると価格が高いです。純正トナーのこの点に不満を感じて、リサイクルトナーに乗りかえることにしたという人は少なくありません。ほかには、古いプリンタに関しては、使い続けているうちに生産が終わってしまうことがあります。生産が終わっている型番の製品は、市場に出回ることがなくなってしまうため、入手困難になってしまいます。このような状況に直面した場合には、プリンタ本体を新しいものに買い直すか、リサイクルトナーに乗りかえるのかを選択することになります。

リサイクルトナーとは

プリンタの空になったトナーカートリッジを回収し、きれいにしたり直したりといった工程を経て、トナーを充填して販売されているものを、リサイクルトナーといいます。一方、純正トナーというのは、プリンタ本体を取り扱っているメーカーが出している正規品、新品のトナーのことです。プリンタ本体のメーカーは、リサイクルトナーではなく純正トナーを使用することを推奨しています。非推奨のリサイクルトナーを使用することのメリット・デメリットや、純正トナーを使用するメリット・デメリットは別のページで述べますが、リサイクルトナーには大きくわけてリターン品と即納品があります。即納品には空のトナーカートリッジの回収ありの場合と、回収なしの場合があります。

まずリターン品ですが、使い終わった空のトナーカートリッジを回収し、トナーを充填して配送されるリサイクルトナーです。まず回収する必要があるため、手元に届くまで即納品と比較して日数を要しますが、価格は即納品に比べれば割安の場合がほとんどです。一方、即納品に関してですが、空のカートリッジの回収ありでは、充填済のトナーカートリッジを先に配送されて、購入者の手元にある空のカートリッジをあとから回収する購入方法です。リターン品に比べると早く届くのが特徴です。空のカートリッジ回収なしの即納品は、リサイクルトナーが届いたあとの空のカートリッジ回収がありません。使用済のカートリッジを用意する必要がなく、お試しで使用してみたい人が購入するのに向いています。