プリンタの空になったトナーカートリッジを回収し、きれいにしたり直したりといった工程を経て、トナーを充填して販売されているものを、リサイクルトナーといいます。一方、純正トナーというのは、プリンタ本体を取り扱っているメーカーが出している正規品、新品のトナーのことです。プリンタ本体のメーカーは、リサイクルトナーではなく純正トナーを使用することを推奨しています。非推奨のリサイクルトナーを使用することのメリット・デメリットや、純正トナーを使用するメリット・デメリットは別のページで述べますが、リサイクルトナーには大きくわけてリターン品と即納品があります。即納品には空のトナーカートリッジの回収ありの場合と、回収なしの場合があります。

まずリターン品ですが、使い終わった空のトナーカートリッジを回収し、トナーを充填して配送されるリサイクルトナーです。まず回収する必要があるため、手元に届くまで即納品と比較して日数を要しますが、価格は即納品に比べれば割安の場合がほとんどです。一方、即納品に関してですが、空のカートリッジの回収ありでは、充填済のトナーカートリッジを先に配送されて、購入者の手元にある空のカートリッジをあとから回収する購入方法です。リターン品に比べると早く届くのが特徴です。空のカートリッジ回収なしの即納品は、リサイクルトナーが届いたあとの空のカートリッジ回収がありません。使用済のカートリッジを用意する必要がなく、お試しで使用してみたい人が購入するのに向いています。