純正トナーを使用するメリットは複数あります。まず、プリンタ本体を取り扱っているメーカーが出している製品であるため、リサイクルトナーと比較すると品質が安定しています。純正トナーを使用していて故障が起こってしまった場合には、メーカーによる保証を受けることが可能です。保証の対象であれば、無償で修理が行なわれることになります。なお、不具合自体が純正トナーの場合は起こりにくいというのも、メリットのひとつといえるでしょう。

高品質で保証もあるということで安心感がある点が、メーカー純正のトナーの魅力ですが、デメリットといえるようなことがないわけではありません。まず、リサイクルトナーと比べると価格が高いです。純正トナーのこの点に不満を感じて、リサイクルトナーに乗りかえることにしたという人は少なくありません。ほかには、古いプリンタに関しては、使い続けているうちに生産が終わってしまうことがあります。生産が終わっている型番の製品は、市場に出回ることがなくなってしまうため、入手困難になってしまいます。このような状況に直面した場合には、プリンタ本体を新しいものに買い直すか、リサイクルトナーに乗りかえるのかを選択することになります。